悲情城市

c0311729_16431255.jpg

1989年製作
候 孝賢監督の台湾映画
”非情城市”
ベネチア国際映画祭 グランプリ受賞


1945年 日本の統治を解かれ
開放に酔う台湾。
中国本土から渡ってきた同胞の外省人の治世に
期待していたが 
日本より更に酷い圧制に苦しむ。
民衆の不満は堰を切ったように溢れ出し 
闇たばこの摘発を機に2・28事件という
連続暴動が起きる。

台湾 北部の基隆の
任侠の大家族の日常を通して
当時の混乱ぶりを描く。
戦時下に生活のために 
日本軍と連携を深めていたのが災いし
家族にも次々に不幸が訪れる。

登場人物も多く
其々にエピソードも複雑に絡み合うが
情に流され過ぎず
淡々と 物語は進んでいく。
郷愁を誘う映像と相まって
あっという間の159分でした。

事件から40年以上経過し
戒厳令が解かれて すぐに候監督が
当時のタブーを破り 映画化した。
事件の関係者の逮捕と処刑人数は
明らかにされておらず 
いまだに台湾と中国の
確執の根となっている。


今や 小籠包とスイーツ大国の
穏やかなイメージしかないけれど
陰惨な歴史を乗り越えての
平和が有るのですね。


[PR]
by akawak | 2018-02-23 16:56 | Movie