壽 初春大歌舞伎  


c0311729_22091439.jpg

大阪 冬の旅を仕上げる前に
1月7日(日)
歌舞伎座にて高麗屋 三代襲名披露の
記事をアップします。

(ポスター右より)
二代目 松本 白鷗
十代目 松本 幸四郎
(写真 一番左端)
八代目 市川 染五郎

三代揃っての襲名披露は
37年前以来で
二回目はお初だそう。

一世代前の高麗屋の襲名披露の写真なり
c0311729_22403881.jpg

(一番左)今回 十代目 松本 幸四郎襲名した
(中央)七代目 市川 染五郎さん
なかなかの眉目秀麗ぶり。


この夜の演目は
双蝶々曲輪日記
(そうちょうちょうくるわにっき)
口上
勧進帳
相生獅子
三人形

勧進帳では
中村 吉右衛門が富樫
武蔵坊弁慶を(新)松本 幸四郎
源義経を(新)市川 染五郎が演じます。
弁慶役の指南を吉右衛門さん
義経役の指南を幸四郎さんが息子に
されていたそうです。
伝統芸能が口伝で継承されているのは
世界でも類のない事。
だから 歌舞伎は世代を越えて
守られているのですね。
それにしても 皮肉なことに
脇を支えるはずの
吉右衛門さんの立ち姿が凛として
際立っていてました。
360度どこからみても 決まっていて
素晴らしい・・・
染五郎さんの弁慶も
かなり頑張っていましたが
吉右衛門さんの弁慶は
さぞ 荒々しく
凄みがあるんだろうなあと
想像してしましましたわ。



口上の後にお食事頂きました。
三階 食事処 花篭にて
一番は早く花を咲かせる山形の啓翁桜が
お出迎え
c0311729_22090238.jpg

三世代の好物があしらわれたお弁当
c0311729_22193696.jpg
お正月には歌舞伎に出かけるたびに
今年こそ 歌舞伎を極めようと
淡い誓いを立てつつ
なかなか果たせない我が家です。




[PR]
by akawak | 2018-01-08 23:20 | Art