タグ:お出かけ ( 6 ) タグの人気記事



c0311729_08084042.jpg
 日中29度以上の夏日
半袖で出かけたいところですが
日焼け防止と
気温が下がる夕方を見越して
5分丈チュニックを選びました。

チュニック=おばちゃんの定番
楽だからこそ
丈をINしないと だらしない印象に。
鏡の前で裾を微調節して
少しでもすっきりしたシルエットになるよう
涙ぐましい努力中。

c0311729_08552615.jpg
目に入る紫外線で
脳がメラニンを作るよう指示を送り
シミを増やします。 
これから日傘とサングラスをお忘れなく。



いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ











[PR]
by akawak | 2017-05-23 09:05 | Fashion

Crazy night

5月15日(月)
銀座の真ん中でカラオケ

集まったメンバー 
とんでもなく騒ぎすぎて
付き合いきれませ~ん(笑)
c0311729_20131382.jpg
受付で案内してた
Pepper君に絡んでた酔っ払い
もう 知らん 知らん!
c0311729_20133304.jpg
いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ

[PR]
by akawak | 2017-05-16 19:56 | Diary

5月2日(火) 今日は快晴
さささ 本日は高尾山へ登りますよ
と意気込んだものの
相変わらず普段着な二人。
無防備すぎ(笑)

麓から山頂まで599m
徒歩だと約60分の登山ですが
山麓駅から高尾山駅まで
ケーブルカーかリフトを利用し
そこから薬王院まで20分
山頂はさらに20分。

行きはリフトを選択
新緑が目にしみるなあと
余裕ぶっているけど
かなりスリル満点。
c0311729_09042264.jpg
リフトを降りて 下界を臨みます。
爽やかな風が吹き抜けて気持ち良い。
c0311729_10111484.jpg


 高尾山薬王院有喜寺は
今から約1270年前に開山された
真言宗の寺院。

御本尊は飯綱大権現で綱を携えた
烏天狗のようなお姿をしてます。
(画像はHPよりお借りしました)
c0311729_10202361.jpg
高尾山は古くから修験道が盛ん。
天狗の力にあやかり
修行者が行を積んだ霊験あらたかな山。

天狗と烏天狗なにやら密談中
c0311729_10195207.jpg

今では都内でも有数の観光地として
賑わっていますが
勾配はなかなか険しく
きちんと準備しなければ
膝ががくがく
大変な目に合うと
自分を戒めましたわ。
今回は体力の限界を感じて
山頂は諦めました・・・
駄目すぎでっしゃろ~




いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ



[PR]
by akawak | 2017-05-04 08:00 | Travel

5月1~2日連休の合間にお休みを取り
近場にお出かけしてきました。
自宅を朝7時に出発
多摩川の上流をさかのぼっていく小旅行

御嶽山(みたけさん)を
目指して
まずケーブルカーに乗り込みます。
c0311729_16174736.jpg

ケーブルカーを降りて 約20分
武蔵御嶽神社を目指す方々皆
しっかり山歩きの格好!
普段着で緊張感0の私とオット
山登りを完全に舐めてます。
かなりの勾配に息を切らしながら山頂に到着。

11時からのご神体御開帳に滑り込み。
12年に一度 酉年に式年大祭がとりおこなわれ
御嶽王大権現をご参拝。
小ぶりながら勇ましく右足をあげているお姿を
拝むことができました。
日本武尊(やまとたけるのみこと)が
狼に救われた由縁と深く関わるこの神社、
狛犬が狼のお姿なのも大変珍しい。
愛犬連れの参詣も受け付けています。


c0311729_16171931.jpg




その後 塩船観音寺へ
5月1 2日だけ御開帳の
塩船観音様をお参り
c0311729_15460062.jpg
パッチワークのように
丸く剪定された色とりどり躑躅が鮮やか。
c0311729_16153720.jpg



東京内でありながら山深い自然の麓に
日原の鍾乳洞があり。
清流のせせらぎを聞きながら
地底を冒険。

c0311729_17253624.jpg
c0311729_16393587.jpg

数十万年以上の時を経て作られた
自然の造形は奇想天外です。

ライトアップされた死出の山
c0311729_16525394.jpg
賽の河原

c0311729_16530556.jpg


年月を経てえぐり取られ
船底の形になった岩

c0311729_17261472.jpg

かつて日原の鍾乳洞は修験者の修行の場で
護摩を焚いた炭の跡が
岩肌に見られます。
神秘的な岩を仏の姿に見立て
俗世界から離れて荒行に励んでいたそう。
その祈りの凄まじさを想像すると
襟を正したくなりました。

一年中11度の温度に保たれている日原鍾乳洞
これから夏にかけて混雑していくよう。
今の季節は ほどよく人が行き交っておりました。
東京内なのに奥深い
奥多摩の魅力は語りつくせません。

この日は 鳩ノ巣渓谷のお宿に
泊まりました。
ここが なかなか素晴らしかったです。

いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ

[PR]
by akawak | 2017-05-03 15:44 | Travel

隠れていたのは・・・


c0311729_11324651.jpg
ご近所さんもお花見にお出かけ。
バッグからお顔を覗かせたのは
この仔!


”可愛い~!”とお写真撮らせてもらいました。
c0311729_12573708.jpg
桜に合わせたピンクのストール
お洒落さんです。

 ”本当はおうちで寝てたいのに~”とちょっとご機嫌ななめ



いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ
 






[PR]
by akawak | 2017-04-09 11:37 | Diary

夜桜

色々 桜の名所めぐりをしましたが
c0311729_20184605.jpg
結局 ご近所の夜桜が
この世の物と思えないぐらい美しい。
ぼんやり空にかかっている朧月が
たとえ様もない。


というわけで
最近のお供は上田秋成の”雨月物語”なり。
まず西行の説話から始まります。
実は桜だけでなく
秋の紅葉を求めて四国に渡った西行。
流罪となった崇徳院の御陵を訪ねて
妖しい物語が展開されます。
西行が余計な情をかけてしまったところで
怨霊の面倒くさい恨み言を聞く羽目に。


現世(理性の世界)から
幻世(この世以外の妖しい世界)へ
足を踏みいれた人々の無垢さと罪深さが
描かれております。
その厄介なところに文学は
生まれるわけでして
信じられないぐらい奇想天外。。。
やはりこの季節は魔性の扉が
開くのかな~


いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ



More
[PR]
by akawak | 2017-04-05 21:02 | Sakura