<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

モヒカン 故郷に帰る


c0311729_06400335.jpg

昔々木下恵介監督作”カルメン 故郷に帰る”を
たまたま TV名画劇場で見たことがあります。
c0311729_17254281.jpg

幼心にその強烈な印象に
度肝を抜かれた覚えあり。
蓮っ葉な踊り子が友達を連れて故郷に凱旋。
寒村ではその派手で奔放な出で立ちが 
否が応でも注目の的。
彼女達も村を元気づけようと 
あるイベントを開催するのだが・・・・。
主演 高峰秀子さんのハツラツとしたお姿
今では天真爛漫で可愛らしいですが 
当時子供の私はものすごくハレンチに感じました。 
しかも 日本初の総天然色カラー
なんとも 恥ずかし 眩しかった覚えあり。




沖田 修一監督”モヒカン 故郷に帰る”の題名を見て
ぴんと来ました。
この映画 絶対面白いはず。
平成の”カルメン 故郷に帰る”を狙っているんじゃないかなと。

冒頭のポスター見ると
なんか ひと波乱起きそうな気がする。
モヒカン族とジャパニーズ ヤクザの抗争を
彷彿とさせる只ならぬ殺気を感じるでは有りませんか?
若手俳優で圧倒的な存在感を誇る松田 龍平主演
胸を貸す相手が柄本 明
まわりを固める女優陣が
前田 敦子、もたい まさことなれば
面白くないわけがない。
できちゃった婚の報告で
7年ぶりに故郷に帰る永吉(松田 龍平)は
売れないデスメタル ボーカリスト。
矢沢 永吉に男の美学を重ねる父は
老いながらも剛気を装うが 
末期がんに体を蝕まれていた。

今まで親不幸の限りをつくしていた永吉は
何も考えてないような顔で
彼なりに親孝行しようと努力するが
それが なんとも空回り気味。
そのエピソードがお涙頂戴にならず
くすくす笑いを誘う。
それは何故か?
舌足らずなセリフに頼らず 
テンポ良く編集されて画面が
観客の想像力を掻き立てる。
最近の邦画を見ていて
こういうセリフ 日常では使わないでしょ?とか
このリアクション 芝居臭いという
場面に出くわすと こちらが恥ずかしくなる。

この映画 嘘くさい 芝居がかったセリフも
笑いに変る余裕あり。
喜劇は悲劇と表裏一体。
可笑しゅうて やがてほろり。
邦画では上半期一位間違いなしの秀作です。
是非 ご覧あれ~




[PR]
by akawak | 2016-04-23 06:58 | Movie

義援金振り込み

   週明け とりあえず近くの郵便局にて
日本赤十字あてに義援金を振り込んできました。
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

私の知り合いの方が熊本城下に住んでいらっしゃるのですが
電話で連絡もとれずとても心配です。
メルアドもわからないし・・・・
自宅を離れ避難されているかどうかも
わからないですが
往復はがきにて安否を尋ねました。

物資を送ろうにも 物流が停止しています。
現地入りするボランティアも制限されて
支援が行き渡っていない様子がもどかしい。
一日も早く復興されますように。






[PR]
by akawak | 2016-04-18 14:15 | Diary

  心よりお見舞い申し上げます。
ライフラインが分断されている様子を
目にするだけで 胸が痛みます。
どうか一日も早く 
心安らかな日常が戻りますように。




[PR]
by akawak | 2016-04-16 13:09 | Diary

兆し


c0311729_15573458.jpg

ぎりぎり端っこ、辛うじて東京23区内の我が家。
東京ではなく横浜の天気予報をあてにしています。
そもそも天気予報の基準地はどこを指すの?
東西に広い東京って どこのこと?
と調べましたら
東京都千代田区大手町の気象庁本庁舎にある
「東京管区気象台」。
「東京」は、東京都千代田区大手町。
各地の予報は気象台が目安らしい。
どうりで時間差があると思いました。


何故か我が家エリアは
毎週木曜日は雨。
なんで?
フリーメーソンの陰謀か?
(うそうそ)
今週も明日は雨の予報なので 
一気にセーターの洗濯。
お洒落着以外はほとんどホームクリーニング
ネットに入れてドライメニューで洗濯機へポイ。
クリーニングに出しても 
あまり仕上がりが変わらない
と思うことにしてる(自己満足)
あー 片付いて さっぱりした。

放置していたベランダの片隅を見ると
越冬したインパチェンスに小さな葉が芽吹いてる。
c0311729_16515020.jpg
枯れ木状態だった紫陽花には蕾まで。
c0311729_16520102.jpg

植物はちゃんと季節の移り変わりを体に取り込んですごい!

そして日経平均も復活の兆し?
16,381.22 (+452・43)
原油先物も底打ち感あり 為替も円安(109円を目指す)
また勢いを取り返してくれたら嬉しい。
サミット開催まで為替の介入は難しいと言われてますが
参議院選挙もあるのでなんどか息を吹き返して~





[PR]
by akawak | 2016-04-13 16:18 | Diary

c0311729_10315993.jpg

2週間以上前に見た”マネーショート( THE BIG SHORT) ”
http://www.moneyshort.jp/
監督 アダム マッケイ
出演 クリスチャン ベール、 ブラッド ピット他
リスクの上積みでサブプライムローンが破綻すれば
金融危機が訪れると察知した投資家達が
CDS(クレジット デフォルト スワップ)の
空売り仕掛けた様子を
社会派目線で描いたドラマ。
その読み通りに
リーマン ブラザーズの倒産のみならず
ウォール街を震源とする
未曾有の金融危機は世界に波及。
サブプライム問題はアメリカだけでなく
世界経済に多大な傷跡を残した。

”華麗なる大逆転”という邦題がついているわりに
痛快さが全く無い、なんとも後味が悪いです。
以前 レオナルド デカプリオ主演の
”ウルフ オブ ウォールストリート”に
比べたら 隔世の感がある。
http://akawak.exblog.jp/21674067/
90年代バブルはアナログなマネーゲーム。
やんちゃな武勇伝という愚かさが
むしろ微笑ましい。
人間て欲まみれでバカだよなあという
親近感。

それに比べて”マネーショート”の
得体のしれぬ不快感を
消化するのに時間がかかったので
ブログに紹介するのも躊躇しました。
乱暴に言えば
サブプライム危機は
無知ゆえに人生を棒に振った衆愚を
踏み台にした一握りの勝者がいる、
その事実が気持ちを暗くさせるのです。

私個人の嫌な感覚の核は
弱小だろうが 機関投資家だろうが
リスクが肥大し 
間違った方向に進んでいても
多数に流れている方が正解。
その過ちが正されて 逆流しても結局
自己責任のもと
”大いなるゲームの養分にされている”
という虚しさと敗北感といいべきか。
自分で上手く立ち回っているつもりでも
結局 敗者だと気づかされた感覚。

空売りで驚異的なリターンを
手にしたトレーダー(クリスチャン ベール)の
達成感のない表情が胸に刺さりました。
大げさにいえば
世界は人事の手に負えない破綻へ
向かっているとを予告して
その通りになった
預言者のようなやるせなさ。
古代ならば その予言は救済という道に
繋がっていたのでしょうが
現代は拝金経済という新たな宗教が
他人を出し抜く刃となった。


あー なんか 切ない。

でも 自分の持株だけは上がって欲しい。
本当に愚かですわ。










[PR]
by akawak | 2016-04-12 10:14 | Movie

不思議な双子

デビット・リンチ監督作”ツインピークス”という
米国の伝説のテレビドラマをご存知ですか?
c0311729_21421936.jpg



1990年にパイロット版が高視聴率をはじき出し
シリーズ化したドラマ。
アメリカの田舎町で 学園のアイドル的な少女(ローラ ダーン)が
後日訂正 ローラ パーマー(シェリル リー)でした。
ローラ ダーンは同じ監督の”ブルー ベルベット”に
出演されてました。 すみません

変死体で発見されたのをきっかけに
ねじれた人間関係が明らかにされている。
暴力と性、ドラッグなど社会の暗部がオカルト要素で味つけをされ
気持ち悪るさ100%!
今 思えばあのような反模範的ドラマが流行るというのは
社会の懐が深かったということでしょうか?
今なら放送コードに引っ掛かりそう。



事件を捜査するクーパー捜査官(カイル マクラクラン)が
見る気味悪い夢が事件解決の糸口になる。
夢の場面は赤い秘密の小部屋の設定。
小人症の男がくねくね踊りながら
事件のヒントをくれる。

c0311729_07034563.jpg


で 何故に25年以上前の”ツインピークス”を持ちだしたかと言えば
私の近隣のお方がまさにツインピークスの登場人物のよう。

お年は 60代の男性双子。
必ず二人で行動して 
おそろいのお洋服をお召しになっています。
顔立ちも姿形もそっくりで小柄(双子なんだから当たり前)。
いつも一緒にいらっしゃるので 
エレベーターで乗り合わせ
ちょっと言葉をかわす時
私を挟んで 交互にお答えなさる。
エレベーターの閉鎖的な空間が
まさにツインピークス的で
同じ声が共鳴してなんとも怪しいのです。
現実に ぽっかり空いた面妖な世界に出合うようで 
ちょっと心待ちしている私。





[PR]
by akawak | 2016-04-08 21:13 | Diary

閃輝暗転

 久しぶりに片頭痛の予兆が訪れた。
閃輝暗転(せんきあんてん)。
c0311729_20024738.gif
最初は視界のはしが見えづらく歪み 
そのうち三日月型のキラキラが目の前いっぱいに広がる。
物が見えにくくて煩わしい。
収縮していた血管が拡張し 視神経を刺激する症状で
緊張状態がとけて解放されたり
お酒(特に赤ワイン)の飲み過ぎ、
チーズやチョコレートの食べすぎ
気圧の変化などで起こるらしい。
この光のページェント(!)が終わった後に必ず
強烈な片頭痛と嘔吐に襲われるので
頭痛薬を早めに飲んで 横になるのが得策。
そして 嵐が過ぎ去るのをひたすら耐える。
今日も早めに休んでいたので
事なきを得た。
目が覚めても 後頭部から首にかけてまだ
脈を打ったような痛みが残るけれど
とりあえず治まりました。

芥川 龍之介の最晩年の”歯車”という小説で
目の端に風車がちらちら回るという描写があります。
この歯車が まさに閃輝暗点を
表現したものと言われております。
学生時代 初めてこの小説に出合った時
狂気への恐怖
生と死の境界を徘徊する苦悩は
穢れない人生を貫徹するにふさわしい
など
青臭い事を真剣に考えていました。。。
あー 恥ずかしい。
でもね 若い時ってそんなもんでしょ。


今の私は そんなものでなく
ワイン飲みすぎたやら
不用品を処分してすっきりしたやら
だらしない原因で 片頭痛です。
それが年を重ねるということなんですわ。






[PR]
by akawak | 2016-04-06 13:22 | Diary

ねがはくは

c0311729_17021245.jpg
朝はかすんでいて ぼんやりしていた空も
午後に少し晴れてきました。
家の周りをお散歩

あまり人通りもなく
花の盛りの枝が
ちょうど目線と同じになる並木道。

濃い桃色の蕾がひらき
恥じらいながら
中心からほんのり桜色にそまり
秘めながら乱れ咲く様子を
つぶさに観察されました。

それにしても
思い忍ぶのは西行法師
北面の武士で 
出家してなお
桜に心を寄せて日本各地を漂泊。
意外なことに
23歳で出家して
ゆかりある女房などを訪ね歩き
73歳まで生きていたそう。
そのしたたかさが西行らしい




[PR]
by akawak | 2016-04-03 17:15 | Sakura

夜桜

  今日 予定がなく 夫婦で
なんとなくお花見しようかという流れに。。。。
だけど
さむっ
底冷えして 
頑張ってブルーシートで桜の花を陣取っている方々も
防寒着で武装している。。。
やせ我慢はやめました。

夜になると
少し寒さが和らいだかな?
解放的な空気の中 お散歩。
c0311729_23384107.jpg



[PR]
by akawak | 2016-04-02 23:39 | Sakura