<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

久々 UBICはんが 花火打ち上げました~
一時 @919
おー 900円台ですか!
http://www.ubic.co.jp/
って 

じーっと監視してわりに持ってないから。

IR頻出しすぎな感が否めないUBIC。
いつも 大変気になるのですが
買った途端下がるのトラウマが酷すぎて
手を出せません。

そして このブログに
いまだにITBOOKとメディネットを
検索して覗いて下さる方あり。
メディネットはともかく(笑)
ITBOOKは マイナンバー銘柄というだけで
今日は投げ捨てられてました。
どの銘柄も決算でしっかり業績を上げていないと 
食指が動かないのが率直な感想。


かなり痛手を被っているはずなのに
動いてくると
気になるんですよね 株ってやはり。

c0311729_21241355.jpg
http://www.zakuzaku.co.jp/
写真がまずくってすみません。
ザクザク シュークリーム
出来て2時間が勝負
背中のつぶつぶが食べ応えあり 美味しいです!
[PR]
by akawak | 2015-10-29 21:16

c0311729_22321979.jpg
職場の近くの商店街 ハロウィン行事。
” Trick or Treat"と 子供が恥ずかしげに呪文を唱えれば
迎えるこちらは ”Happy Halloween!”と答え
ニコニコお菓子を与える

この行事がここいらで定着し
もうかれこれ3年の月日が経とうとしています。
で、
いつから 日本でこんな風にハロウィンを
祝うようになったのですか??
街では 若い子たちが仮装して練り歩いているようで
コスプレしたい人たちの言い訳になっていますよね?
みんな そんなに非日常を求めているの?

でもって お菓子メーカーは勿論 
食品メーカーもこぞって
ハロウィンパーチーを推奨。
何故 ハロウィンをちらし寿司で祝うのか疑問ですが・・・・
そういう無粋を申し立て つまらん大人と分別されたくないので
愛想笑いで お菓子を配っております。








[PR]
by akawak | 2015-10-28 22:46 | daiary

 先週の金曜日
欧州中央銀行ドラギ総裁の追加緩和発言で
思いがけないプレゼントをもらった銀行株。

なんとか26週移動平均@560に
挑戦していたセブン銀行。
いい感じに買い上がって@559で足踏み。
うーん この壁は越えられないと判断して
@558で持株半分だけ 撤退。
ほぼ買値ざんす。
11月は決算シーズン
サプライズ以外は 好決算も売りの材料。

すっかり 相場に対して疑心暗鬼で
キャッシュ率を高めることしか
今は考えられない。
 日経19000円付近で跳ね返され 
すっかりしこりになっている様子。


10月23日(金)
日経平均 18,825.30 (+389.43)









[PR]
by akawak | 2015-10-28 22:31 | stocks

c0311729_17343762.jpg
現在 国立新美術館で開催されているニキ ド サンファル展
(2015/9/18~ 2015/12/14)
http://www.niki2015.jp/
美術館の屋外展示場や公園で目にすることが
多いおなじみのポップなオブジェ
c0311729_17422079.jpg
射撃のポーズを取るニキ 
りりしくて美しい!
学生時代はモデルもしていた この美貌。
c0311729_17572567.jpg
射撃絵画でセンセーショナルなデビューを飾ったニキ。
宗教的なオブジェに向かい
銃をむけてペンキの入ったスプレー缶を
ぶちまけるパフォーマンスが話題になりました。


その後”ナナ”というボリューミーな女性をかたどったシリーズを発表し
母性を感じられる作品を表現。
このオブジェは友人の妊婦の姿からヒントを得ていったそう。
ニキは フランスの作家 
シモーヌ ド ボーヴォーワールの”第二の性”を愛読していて
フェミニストを自称。
彼女のフェミニズムは男性への闘争というより
女性であることのたおやかさを追求し
作品に投影させていきました。

日本の実業家 故増田YOKO静江さんという
コレクターが ニキの芸術活動を支援していかれました。
これによりニキの作品は日本で再評価されることに。

c0311729_17350859.jpg

”ナナ”以降 より精神世界へ傾倒
会場内で このブッダは写真撮影も可能。
このモザイクを施した彫刻は
ガウディのグエル公園からインスピレーションを得たそうです。
タロットカードをモチーフにした
オブジェを設置している公園をイタリアのトスカーナ地方に
完成させたニキ。
今も彼女の遺志が息づいているでしょう。

c0311729_17360660.jpg






[PR]
by akawak | 2015-10-26 17:36 | daiary

   久しぶりに奥様ラーンチ

  西麻布 香宮
http://www.shangu.jp/
(港区西麻布1-4-44 シグマ西麻布II 1F
 予約電話 050-5868-3581 )
星条旗通りの由来になった 星条旗新聞社は
米軍の領地なのでヘリポートがあるらしい
約束の時間より早くついて 
降り立つヘリコプターを物珍しげに見上げていると
お店の人が ●●様! どうぞお入りください~と
声かけてくださった。。 はずかし
c0311729_09064664.jpg
こちらのお店 食べログで堂々の一位なんですわ。
期待は否が応でも高まります。

ランチコースは2種類で 私達は3000円コースを選びました。
c0311729_09251072.jpg
056.gif前菜盛り合わせ
 (紅芯大根ときくらげの酢物、
  底にピータンのペーストが隠れてる豆腐、チャーシュー)
  このチャーシュー柔らかくって 頬が落ちそう!)
056.gif点心2種 (大根もち、 水餃子 )
056.gif蒸しスープ (かぼちゃと牛肉)
056.gifメインの魚料理
                            
c0311729_09191910.jpg
鮭のムニエル??? 
このソースなんとトマトで出来ているんです。
無色透明なのに
ほ~んのり トマトの香りと酸味が効いてます。
不思議!!
中華というより フレンチの域  お上品!

056.gifにらと海老の焼きそば
056.gifデザートは無花果のガレットとソルベ

時間をかけて ゆっくり頂いたので
もうお腹がいっぱいです。
どのお料理もとても丁寧に調理され
薄味で上品。
別添えの辛味味噌を加えると味が締まりますわ。

接客されたスタッフの方にも 
マニュアルにないホスピタリティーが感じられ好感度 大。
ご馳走様でした。

[PR]
by akawak | 2015-10-24 09:20 | daiary

忍城(おしじょう)

秋空に誘われ以前から訪れたかった忍城へ
c0311729_08022994.jpg

所在地  埼玉県行田市本丸17-23
(最寄り駅 秩父鉄道 行田市駅)
築城年  1490年
築城者  成田親泰


湿地帯を利用した平城で 沼に浮かぶ島が
水門で結ばれた複雑な地形だったそう。
攻めにくく守りやすい城ですな。
幾度かの攻撃に耐えた”忍の浮き城”との異名があります。
最近では小説”水の城”や
映画”のぼうの城”の舞台になっていたので
その浮きっぷりを目で確かめたかった!

1590年 秀吉の小田原攻めの際に 
石田三成が忍城の地形を利用して
周囲に堤防を築いて  荒川と利根川の水を引き込み
城の周囲を水没させようと目論見ましたが失敗。
勇敢に籠城の指揮を執っていたのは
城主 成田氏長の娘で東国一の美女といわれた
甲斐姫。 
美貌を誇りながらも
実戦に参加し兵士の士気を高めました。
石田軍の猛攻を退けて 城を守り抜きましたが
小田原城の落城をもって忍城も開城。
その後 甲斐姫は秀吉の側室そして召しとられます。


その後 時代の変遷の中で
天領となるなど 歴史の表舞台からは忘れ去られ
明治維新で廃城となり解体。 
昭和63年に再建された櫓と鐘つき台が
わずかに当時を思い起こさせます。

c0311729_08031316.jpg
現在は小さなお堀が残るのみ
c0311729_08201470.jpg


当時の復元図によると
まさに 浮城にふさわしい複雑に入り組んだ地形が
よくわかります。
c0311729_08051389.jpg
こちらは 1823年当時の地図
水色の部分は堀・沼・川
c0311729_08281961.jpg

分かりづらいですが 中心の薄紫部分がお城
オレンジは武家屋敷
外観の忍川から水路を引きこみ 船で往来していたそう。
うーん これそのまま残っていたら 
さながら日本のベニスです。
全く面影が残っていないのが本当に惜しい!

 
ところで疑問が一つ浮かびます。
これだけの堀や川を埋め立てた土は
どこから 持ってきたのかしら?

なぞは意外なところで 解けました。
行田は蔵の街
c0311729_21341183.jpg
たまたま 訪れた”足袋蔵 まちづくりミュージアム”の方と
お話していて 行田市内ある さきたま古墳群の
盛り土を埋め立て用に使ったらしいのです。
リユースするにも なんと勿体ない話ではありませんか!
そのため 土があらわになった関東最大の石舞台古墳も出現しています。
古墳時代から 人の営みがあった行田市 おそるべし。

訪れたのは月曜日だったので 残念ながら博物館は閉まっていました。
今度はお城&古墳めぐりツアーで再取材したいと思いました。

060.gifおまけ060.gif

以前からの 古い石垣ってどうやって組み上げていたのか?
土塁に張り付けただけなのか?  組み込まれているのか???
ずっと疑問に思っていましたが
今回 謎が解けました。

c0311729_08142720.jpg
(写真右の石)表面は平らですが 
ピラミッド型に先端を尖らせて 
土塁に埋め込んでいたようです。
あー そういうことかと膝を打ちました。
ささいな気づきですが 石垣マニアにはたまらん。
一つ一つの石を このように細工していたとは
築城の技術力の高さを思い知らされます。


[PR]
by akawak | 2015-10-21 07:31 | castle

Needles and Opium

ジャン・コクトー(1889-1963)
c0311729_06015405.jpg

10月12日(月) 
世田谷パブリックシアターにて
”Needles and Opium  (針とアヘン)”
マイルス・デイヴィスとジャン・コクトーの幻影
作・演出 ロベール・ルパージュ

全く予備知識ないままに お芝居を見て
それが 想像以上に素晴らしかったので
心が少しずつ癒されてきました。



実際の舞台では
中央に四角く設置された舞台装置が
場面転換でくるくる回り
その空間内で役者が
時にはけだるく 時にはアクロバティックに
演技していました。

薬物による幻惑的な世界。
浮遊感と退廃がこのうえなく表現された
いままで体験したことがないお芝居!
すっかり引きこまれてしまいました。


ジャン・コクトーとマイルス・デイヴィスの接点は
思い浮かばなかったのですが
ジャン・コクトーはレイモン・ラディゲを失い
マイルス・デイヴィスをジュリエット・グレコーとの
別れによる喪失感から
薬物に耽溺していったところに共通点があるらしいです。

c0311729_06040013.jpg


c0311729_05503636.jpg

コクトーは深刻なアヘン中毒となり
1928年12月16日から1929年4月まで
サンクルー療養所にて入院。
”阿片 OPIUM”はその時の手記です
堀口 大学訳
薬物の幻覚を描いたデッサンや
思考の流れを克明に刻んでいて
(これは手放しに賛同しづらいのですが)
アヘンがコクトーの慰みであり
創造力の源であったと理解できるのでした。

一方 マイルス・デイヴィスは
グレコーへの思いから
映画”死刑台のエレベーター”に
音を載せていったそうです。
夜のパリを放浪するような 
切ないトランペット。 
久しぶりに”死刑台のエレベーター”を見たくなりました。


[PR]
by akawak | 2015-10-15 05:51 | daiary

ありがとう ルル☆

c0311729_08462356.jpg
10月8日  
愛犬のビーグル犬 ルルが旅立ちました。
享年17歳8か月(人間では90歳くらい)
最近 さすがに足腰が弱り
時々食欲ないこともあったけれど
前日の朝まで普通に散歩 食事を済ませて
自宅で留守番。
仕事から帰ったら なんだか様子がおかしい。
食事も全く受け付けず  ぐったりして
夜中に吐血して体調が急変しました。
翌朝6時 羽田着のフライトで出張から戻る主人に
一目会わせたいと ずっと声をかけて励まし続け
朝7時にご対面。
午前中 半休をとっていた主人とともに
動物病院の診察を受けましたが すでに
腎臓、肝臓不全。
その日の午後3時半 私の腕の中で
静かに息を引き取りました。

生前から いざという時に慌てないため
火葬の手続きを探して
内容を吟味して 2件ほど候補を選んでいました。
そのうち 結局お世話になったのは
パシフィックエンジェルさん
http://pacific.japan-web.jp/
(24時間受け付け、訪問、ペット移動火葬サービス)
電話でも心をこめて丁寧に対応していただき
どんなに助けられたことか・・・・

10日朝 自宅近くまで移動火葬車で訪問してくれたので
夫婦で最期のお別れができました。
ペットとはいえ 
子供のいない私達夫婦にとって娘の様な存在。
他人には絶対にわからない思いを
穢されないために 
お見送りできたことで 心が癒されました。

ありがとうルル
どうか 安らかにお休みなさい


[PR]
by akawak | 2015-10-10 09:11 | daiary

 
c0311729_22012740.jpg
ここ1カ月半の激しい展開に
身も心も相場から離れていました。
お陰さまで仕事と趣味に没頭でき
ブログも株の話題はさっぱり。

TPP大筋合意で日本株リバウンド相場?
とはいえ まだ不安因子が取り巻いております。

万が一  吹いたときに備えて
脈がありそうな
ヨコオやUBICは毎日 値幅いっぱいに
売りの指し値をしていたのですよ。
今日も諦めずにUBIC 871円で売り指しとりました。

仕事が忙しく 14時過ぎにやっと株価を確認したら
”HUG(3676)との共同開発”IR 出た後の 
お祭りはすっかり終わっており
やー 買い値とんとん辺りの@800で売らなきゃと
焦りました。
つまり
自分が既に注文出していたことすら 忘れてたんですわ。
とりあえず 塩漬けから撤退

明日から上海さんが復活します。
その間に キャッシュ比率を高めておきたい。



日経平均   18,322.98   +136.88

[PR]
by akawak | 2015-10-07 21:57 | stocks


c0311729_21482020.jpg

 しばらくご無沙汰です。
甲府旅行の続きがまだでした。
日本有数のハーブ庭園
https://www.herb-teien.com/
こちらは珍しいハーブが沢山あり  
ふむふむいいながら  そぞろ歩き。
ローズゼラニウム(美肌草)
c0311729_21450329.jpg
このエッセンスでできた ローションが
アトピーの赤ちゃんにも優しいと大評判らしく
観光客が爆買。


入園料は無料ながら
園内は綺麗に整備されて 素晴らしかったです。

雨に濡れたコスモスが美しい。
c0311729_21172151.jpg
 ブルーサルビアの絨毯
c0311729_09052310.jpg



私が一番楽しみにしていた ワイナリーツアー
石和温泉のモンデ酒造さんを訪れました。
http://www.mondewine.co.jp/
石和温泉はマンションの建築中に
たまたま温泉を掘り当てたので
比較的 新しい保養地となったそうです。
ワインも醸造できて 温泉も入れるって
地上の楽園じゃないですか~
こんなの日本だけですよ!


ワインのセミナーを積極的に開き
ワイン文化を広く知っていもらうための
努力をされているそう。
c0311729_21205337.jpg
ワインの豆知識  味わい方などコンパクトに説明していただき
ベリーAのワインを購入。
子供の時に感じた”葡萄は特別な果物!”
という思いを彷彿とさせる
懐かしい香りがしました。


甲府のお土産
c0311729_21354040.jpg
山梨は そこかしこが葡萄園。
棚も丁寧に選定されて
鈴なりになっている葡萄も
まるで 保育器に入れられた赤ちゃんのように
保護紙でカバーされて育てられていました。
c0311729_21211160.jpg
ヨーロッパの葡萄園の野生さとは違い
大切に育まれている環境を知り
日本のワインももっと
飲んでみたいと思いました。

おまけ
近所のコンビニでモンデ酒造さんの
スパークリングワイン缶(赤、白各290ml)見つけました~
c0311729_22272540.jpg
ちょっと 自分のごほうびに丁度良い053.gif
甘すぎず お気に入り


[PR]
by akawak | 2015-10-05 21:24 | daiary