カテゴリ:Travel( 5 )

c0311729_22134970.png

朝食は前から気になっていた
昭和な喫茶店で
粒あんトースト乗せモーニング。
店内にいる方々は常連さん風。
別々に訪れ お店で待ち合わせ
同席されている年配の方って
どういうご関係?と 気になります。




c0311729_12312958.jpg

まったり過ごしたい願いも
虚しく却下され
まずは大須観音にお礼参り
c0311729_12310305.jpg



大須観音の商店街に位置する
織田 信長の父 信秀創建
織田家の菩提寺
亀嶽林 万松寺

c0311729_12320157.jpg


お寺らしからぬビル建築
信長のエピソードを紹介するからくり人形は
本日は雨でお休みでした。
残念


[PR]
by akawak | 2017-08-12 12:27 | Travel

櫃まぶし

c0311729_07173615.jpg
c0311729_07175515.jpg


昨夕 名古屋へ到着。

まずは 暇つぶし
じゃなかった
ひつまぶしを堪能。
うみゃあ~ うみゃ~と
舌鼓を打っている間に
雷か豪雨
店を出たら止んでました。
[PR]
by akawak | 2017-08-11 07:16 | Travel

オットの異名は 
飛行機から宿の手配、スケージュールまでこなす
自称 川沿い旅行代理店。
そう他人に話すと
いいねえぇ〜 楽ちんで
と羨ましがられる。
が 皆知らない それがどれだけ
過酷な行程であるか!

今回の旅行は前の記事で上げた通り。
私が鶴岡市の水族館に行きたいなあと
ポロっと口にしていた時に
オットの目が鋭く光った。
    ”いいよ そのクラゲ水族館に行っても”
へえ こちらの企画に乗ってくるなんて珍しい。
   ”その地方は出羽三山で即身成仏が
   見られるんだよね〜”
ほう 知ってるよ 即身成仏。
子供の頃に”ミイラ本”で読んだことあるわ。
という軽いノリで請け負ったのですが
梅雨明けしていない山形で
日中36度の猛暑の中 
即身成仏6体コンプリートの旅とは
思いも寄りませんでした。
今年77歳になる母 
結構頑張ってついてきましたが
痩せっぽっち故 上人様と母の顔が
だぶる だぶる(笑)



まず 出羽三山へ
出羽三山は羽黒山(現世の幸せ)
月山(死後の浄土)湯殿山(功徳を積み)の
三山から成り立ちます。
まず羽黒山の五重塔(国宝)へ
石段の下り参道を降りて 清々しい
杉並木を通り抜けます。

c0311729_17165248.jpg
徒歩15分ほどで樹齢1000年の爺杉
その右端にすっくりと五重塔が姿を現します。
c0311729_17171174.jpg
平安中期に平将門が建立と伝えられる。
現在の塔は640年前に再建
凛とした姿に襟を正したくなります。
c0311729_17172877.jpg
その後 羽黒山三神合祭殿(重要文化財)
出羽三山の神々が宿る総漆塗の茅葺社殿。
参拝すれば 一度に三山をめぐると
同じ御利益があるそう。
c0311729_17344192.jpg

元々出羽三山は修験道の聖地。
厳しい修行により
自ら生き仏の姿を後世に残し
人々の信仰の礎にしたいという
激しい意志の結晶が即身成仏です。

実際のコースは以下の通り
残念ながら写真はございません。
7月20日  
南岳寺    鉄竜海上人
7月21日
本明寺    本明海上人
注連寺    鉄門海上人
大日坊    真如海上人
海向寺     忠海上人 ・ 円明海上人


死の直前まで 自らを律するお姿には
言葉を失う迫力があります。
五穀断ち・十穀断ちという木食により
体を極限まで絞り
さらに漆を飲んで 腸内菌を殺して
土中に穴を掘って お経を唱えながら
入滅する・・・想像するだに壮絶な修行に
身震いが致しますわ。
行の途中で脱落された方は無縁仏となり
葬られるそうです。
南無






[PR]
by akawak | 2017-07-24 18:00 | Travel

5月2日(火) 今日は快晴
さささ 本日は高尾山へ登りますよ
と意気込んだものの
相変わらず普段着な二人。
無防備すぎ(笑)

麓から山頂まで599m
徒歩だと約60分の登山ですが
山麓駅から高尾山駅まで
ケーブルカーかリフトを利用し
そこから薬王院まで20分
山頂はさらに20分。

行きはリフトを選択
新緑が目にしみるなあと
余裕ぶっているけど
かなりスリル満点。
c0311729_09042264.jpg
リフトを降りて 下界を臨みます。
爽やかな風が吹き抜けて気持ち良い。
c0311729_10111484.jpg


 高尾山薬王院有喜寺は
今から約1270年前に開山された
真言宗の寺院。

御本尊は飯綱大権現で綱を携えた
烏天狗のようなお姿をしてます。
(画像はHPよりお借りしました)
c0311729_10202361.jpg
高尾山は古くから修験道が盛ん。
天狗の力にあやかり
修行者が行を積んだ霊験あらたかな山。

天狗と烏天狗なにやら密談中
c0311729_10195207.jpg

今では都内でも有数の観光地として
賑わっていますが
勾配はなかなか険しく
きちんと準備しなければ
膝ががくがく
大変な目に合うと
自分を戒めましたわ。
今回は体力の限界を感じて
山頂は諦めました・・・
駄目すぎでっしゃろ〜




いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ



[PR]
by akawak | 2017-05-04 08:00 | Travel

5月1〜2日連休の合間にお休みを取り
近場にお出かけしてきました。
自宅を朝7時に出発
多摩川の上流をさかのぼっていく小旅行

御嶽山(みたけさん)を
目指して
まずケーブルカーに乗り込みます。
c0311729_16174736.jpg

ケーブルカーを降りて 約20分
武蔵御嶽神社を目指す方々皆
しっかり山歩きの格好!
普段着で緊張感0の私とオット
山登りを完全に舐めてます。
かなりの勾配に息を切らしながら山頂に到着。

11時からのご神体御開帳に滑り込み。
12年に一度 酉年に式年大祭がとりおこなわれ
御嶽王大権現をご参拝。
小ぶりながら勇ましく右足をあげているお姿を
拝むことができました。
日本武尊(やまとたけるのみこと)が
狼に救われた由縁と深く関わるこの神社、
狛犬が狼のお姿なのも大変珍しい。
愛犬連れの参詣も受け付けています。


c0311729_16171931.jpg




その後 塩船観音寺へ
5月1 2日だけ御開帳の
塩船観音様をお参り
c0311729_15460062.jpg
パッチワークのように
丸く剪定された色とりどり躑躅が鮮やか。
c0311729_16153720.jpg



東京内でありながら山深い自然の麓に
日原の鍾乳洞があり。
清流のせせらぎを聞きながら
地底を冒険。

c0311729_17253624.jpg
c0311729_16393587.jpg

数十万年以上の時を経て作られた
自然の造形は奇想天外です。

ライトアップされた死出の山
c0311729_16525394.jpg
賽の河原

c0311729_16530556.jpg


年月を経てえぐり取られ
船底の形になった岩

c0311729_17261472.jpg

かつて日原の鍾乳洞は修験者の修行の場で
護摩を焚いた炭の跡が
岩肌に見られます。
神秘的な岩を仏の姿に見立て
俗世界から離れて荒行に励んでいたそう。
その祈りの凄まじさを想像すると
襟を正したくなりました。

一年中11度の温度に保たれている日原鍾乳洞
これから夏にかけて混雑していくよう。
今の季節は ほどよく人が行き交っておりました。
東京内なのに奥深い
奥多摩の魅力は語りつくせません。

この日は 鳩ノ巣渓谷のお宿に
泊まりました。
ここが なかなか素晴らしかったです。

いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ

[PR]
by akawak | 2017-05-03 15:44 | Travel