カテゴリ:Aquarium( 3 )

12月3日(土)
旅の行程が前後しますが
名古屋港水族館を訪れました。
http://www.nagoyaaqua.jp/

c0311729_05034133.jpg

まず迫力満点のシャチくんがお出迎え。
巨大な水槽でゆったり泳ぐ姿は
まさに海の王者
さすが名古屋グランパスのお膝元です。
c0311729_04333224.jpg

(画像はHPよりお借りしました)
c0311729_04341701.jpg

お隣はイルカの水槽。
c0311729_04350101.jpg


この水族館の特徴は
”飼育員と海の仲間のふれあい”を
観客にアピールしている点。
ショーの合間に
トレーニングする様子も鑑賞できます。
飼育員の方が
根気強く訓練している姿に
イルカちゃんへの愛情を感じます。
c0311729_04315759.jpg





極寒のロシアの海からやってきたベルーガ
(ベルーガはロシア語で白という意味)
名前の通り全身真っ白。
おでこのように突き出た部分は
空洞になって音を共鳴させます。
まるでおしゃべりするような鳴き声が印象的。
トレーニングの合間におねだり
c0311729_04565734.jpg
                         
訓練終了して ”はい おしまい”
とお姉さんが声かけたとたん
”きゅい~ん”と鳴いてました・・・かわいい
c0311729_08464529.jpg



もちろん回遊魚の大水槽もダイナミック
いわしの大群に巻かれるような浮遊感。

c0311729_08455333.jpg



サンゴ礁コーナーではサンタさんが
魚の餌付け
c0311729_04310450.jpg

港の一角なので 解放的。
魚達との触れ合いで心が温かく癒されました。
水族館は一日中いても飽きませんわ。

c0311729_05180746.jpg
待ってま~す060.gif
c0311729_08564119.jpg

ランキング参加してます!
励みになりますのでぽちっと
056.gif
よろしくお願いします056.gif

にほんブログ村 50代 自分らしさ
c0311729_22094849.gif

                              
にほんブログ村






[PR]
by akawak | 2016-12-09 04:35 | Aquarium

一日オフ 
しかも爽やかな秋晴れ
よし 今日は遠足だ!とお出かけ
江ノ島水族館へ。
http://www.enosui.com/
リニューアルして人気もあるようです。
そうそう 愛するくらげちゃんも
沢山展示されているそうな。
調べると日本で いち早く
くらげの繁殖飼育に
力をいれていたそうです。
知らなかった自分を恥!



水の惑星”地球”をイメージしたような
ブルージェリーフィッシュの水槽
c0311729_14201677.jpg



竜宮城の入口なり~
小田急片瀬江の島駅
c0311729_11511232.jpg
水族館は小田急 片瀬江ノ島駅から徒歩3分
江ノ電の江の島駅から10分程かかります。



c0311729_12080062.jpg
水族館の入口
くらげ愛のアピールが半端ない!

現地に到着したのは11時5分
クラゲファンタジーショーの開始が11時10分
やばっ 5分しかないと猛ダッシュ!
館内の奥まった専用コーナーへ
滑り込みセーフ。

幻想的な世界が余すところなく紹介。
小さなお子さんも”きれ~い”と大喜び
大人も十分楽しめます。
江ノ島水族館は
海月ほか海洋生物の生態を
研究し繁殖飼育を手掛けた功績で
古賀賞を授与されたとのこと。



パープルストライプドジェリーフィッシュ
紫の縞模様が目を引きます。優雅なくらげの女王
c0311729_12071509.jpg


ライオンのたてがみの異名
キタユウレイクラゲ
c0311729_13591223.jpg




ミズクラゲ
c0311729_12032836.jpg





インドネシアンシーネトル
大きな水槽にゆったりと泳ぐ琥珀色の本体
王者の風格あり。
重厚感ある触手  
存在感 見応え十分。
c0311729_20532184.jpg


サカサクラゲ
かさを下にしておちてきた餌を狙います。
ユーモラス
c0311729_14371103.jpg





タコクラゲ
笠の模様がきのこみたい。 薄いピンクが可愛い
c0311729_14140396.jpg


アカクラゲ
c0311729_14173392.jpg
カザリオワンクラゲ(新稀種)
画像は公式ページからお借りしました。

c0311729_14434517.jpg
ダイナミックなイルカショーに
大きな水槽では 
ダイバーのトリーター(飼育員)魚の餌付けもして
何時間いても飽きません。
c0311729_14375552.jpg

江ノ島水族館では飼育員でなく 魚のお世話してトリーターと
呼んでいるそう。
海洋動物と人間が共存している愛を
感じました。
水族館にいると本当に癒されます。
生命が海に育まれた太古の記憶が
有るからでしょう?

053.gifいつもご訪問ありがとうございます053.gif

ランキング参加してます!
励みになりますのでぽちっと
056.gifよろしくお願いします056.gif

にほんブログ村 50代 自分らしさ
c0311729_22094849.gif


060.gif明日もいいことありますように!
                              
にほんブログ村



[PR]
by akawak | 2016-10-25 11:59 | Aquarium


今回で10周年目になる”アートアクアリウム”
金魚の芸術!
2年前に訪れその妖しい魅力に取りつかれました。
今年はさらに目玉の”花魁”と
いわれる金魚1000匹の大鉢ディスプレイが
3000匹と大幅に増やされました。
これは 是非見にいかなければ!

台風10号が心配でしたが 
ラッキーにも天気に恵まれました。
11時オープン時にはすでに
入場まで30分かかると言われ
4階の会場から地下の待機場所まで移動。
ま 炎天下の中で並ぶよりはましかな?


照明を落とした会場は大小の水槽がならび
妖しい雰囲気。
最初は様子がわからなかったけど
目が慣れてくると
様々に改良された金魚がゆらゆらと泳ぐ姿は
涼しげで心が癒される。

会場の中央には壇がしつらわれ
その段差を利用して 
いくつもの水槽が設置。
c0311729_16261218.jpg
さらに照明が変わると
全く世界がかわります。
c0311729_16503144.jpg

中国から輸入された金魚は
日本で改良を重ね
鑑賞用として
江戸時代大ブームをおこします。
一般家庭だけでなく花魁の置屋でも
金魚は珍重されました。

今回の目玉”超・花魁”
もう本当に筆舌尽くしがたいほど圧巻!
大きさも種類も様々な金魚が
巨大な水槽の中で群れて泳ぐ様子を
花魁の世界に見立てています。
人工的で儚く美しく金魚の美は
まさに花魁ですね。
c0311729_16263742.jpg

c0311729_16481196.jpg




江戸切子と金魚のシンプルなコラボも素敵
c0311729_16513428.jpg

上を見上げると 江戸切子グラスのシャンデリア!
ひゃー 格好いい
c0311729_16515294.jpg

水槽の中だけが 金魚の世界。
なんだか悲しく切ないだよなあ~
c0311729_16541094.jpg
フラッシュをたかなければ写真OK
最近の展覧会は来場者のSNSを大いに活用してますね。
来年もまた行きたいな

c0311729_16335364.jpg


http://artaquarium.jp/nihonbashi2016/

[PR]
by akawak | 2016-09-02 16:48 | Aquarium