カテゴリ:Movie( 17 )

カフェ・ソサエティ

c0311729_16190157.jpg

監督:ウディ アレン
撮影:ビットリオ ストラーロ
おおお もうなんという贅沢!

一門の人物になりたいと叔父を頼って
ハリウッドに乗り込んだユダヤ系青年ボビー。
1930年代 禁酒法の解かれた後の
享楽的なカフェ ソサエティ(社交界)に辟易。
同じように俗物な社交界に幻滅する
ヴェロニカという女性と意気投合したが
彼女には重大な秘密がある。
やがて真実を知ったボビーは
失意のまま故郷のNYへ。
その後 ギャングの兄の片腕として
マンハッタンのナイトクラブを運営すると
みるみる事業の手腕を発揮して
クラブは大盛況。
そのクラブがNYでの政治・経済を動かす
新たなカフェ ソサエティとなっていく。
やがて家庭も築いて
順風満帆だったボビーの前に
豪華に着飾ったヴェロニカが再び登場し
ボビーの心は激しく揺れる。

と ここまでなら
今年のアカデミー賞を総なめした
 ”ラ・ラ・ランド”と同じように
共に夢を追っていた若い二人が袂を分かち
やがて再会するという甘酸っぱいストーリー。

但し ウディ アレンは一筋縄でいかない。
ブラックなネタで苦みを利かせ
単なるサクセス ストーリーでは終わらせず
ボビーの人生は思わぬ方向に流されてしまう。
”予兆は有った
けれど ある日突然事件は起きる”
晴天の霹靂のような顛末に驚き
やがてニヤリとしてしまう。

ファッションの監修はシャネル!
もう ドレスがシックで素敵すぎ。
お洒落が好きな方
人生の機微を知った大人に是非お勧めです。


いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ







[PR]
by akawak | 2017-05-21 16:53 | Movie

c0311729_15572371.jpg
監督 脚本*デイミアン・チャゼル
出演* ライアン・ゴズリン
    エマ・ストーン

2016年度アカデミー賞で最多受賞
先日 やっと見てきました。
誰が見ても飽きずに楽しめ
特に冒頭のロスの高速道路での
長回しは圧巻です。
ダンスシーンで主役の二人
上手すぎないのが好感持てます。
元々 涙腺が緩い体質の私は
違う人生を歩んだ二人が
偶然 再会するシーンでは
ぐちゃぐちゃに泣いてしまったけど
作品賞を取れなかった理由が分かるの。
予告編にミュージカルシーンのすべてが
集約されてて
予告 以上の驚きと見せ場が無いのですわ。

結末は毒がなく きれいすぎる。
そんな上手くいかないのが人生と突っ込みを
いれたくなるオトナの私
あんなに泣いてたくせに。
でもね 作品賞受賞した”ムーンライト”は
呵責なさ過ぎて 腰が引ける。


個人的には
マーチン スコセッシ監督の”沈黙”が
作品賞を受賞して欲しかったな。
今 思い出しても 
胸がきゅうっと締め付けられる。
万人受けしないと思うけど・・・


いつもご訪問ありがとうございます。
162.png162.pngよろしければ ぽちっとお願います。162.png162.png

にほんブログ村 50代 自分らしさ















[PR]
by akawak | 2017-04-07 16:21 | Movie

新春 映画めぐり 

”ファンタステイック ビーストと魔法使いの旅”
監督:デビット:イエーツ
c0311729_21550518.jpg
お勧め度:049.gif012.gif035.gif
ご家族連れでも安心して鑑賞。
魔法動物の生き生きとした動き
魔法使い同士の戦いのCGの
完成度には眼を見張ります。
クレジットには小さく載っていますが
サプライズなあの方も出演。




”ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿”
c0311729_22031721.jpg
お勧め度:049.gif016.gif060.gif
ミラノスカラ座がいかに特別な場で
あったか?
芸術を愛する人々に
熱く支えられていたか?
第二次世界大戦の空襲で
壊滅的な被害をうけた劇場が
戦後瞬く間に再建された事実だけでも
伺い知れます。
大人にお勧め。


”海賊とよばれた男”
山崎 貴監督
c0311729_22223987.jpg
お勧め度:051.gif007.gif066.gif
百田 尚樹の小説も読みましたが
冗長になりがちな筋書きを
テンポ良く 感動のツボも押さえて
熱量の高い映画に
仕上がっています。
日本の底力見せたるわ~と
妙に張り切りたくなる。



ランキング参加してます。
053.gif053.gifよろしければ ぽちっとお願います。053.gif053.gif
にほんブログ村 50代 自分らしさ
c0311729_22094849.gif





[PR]
by akawak | 2017-01-10 22:11 | Movie

c0311729_20365970.jpg
”バイオハザード ザ ファイナル”
監督 ポール WS アンダーソン
主演 ミラ ジョボビッチ

今年最初の映画がアンデッド(ゾンビ)まみれですよ。
もう 福袋いっぱい お腹いっぱい。
これでもか!というぐらいゾンビが出てきます。
よーく 眼をこらすと
結構 細かく演技してるんですよ 一人ひとり
それがね なんか 愛しいんですわ。

ミラ ジョボビッチの娘がヒロインの子供時代の役。
監督は夫と家族総出
体を張っている緊張感が伝わってきます。
タレントのローラも
ちゃんとセリフつきで出演してて
身内のように ほっと胸をなでおろしました。

なんというか 変な汗が出る映画でした。
それは何か ずっと考えていたのですが
シリーズ物って人の夢に似てるなと。
脈絡なくいきなり話が始まっていて
自分が巻き込まれている。
前回のストーリーをほとんど忘れてて
見始めて 
ああ 主人公はそういう使命に
拘泥してたのね(たいがい どうでもいい目的)
と思い出すんです。
中盤では もう収集つかない位 混沌としてて
襲いかかる危機をどうすればいいか
この先 どう収束つけるのかと不安になっている。
でも どこか現実ではないと
わかっている自分がいると。

見終わってぐったり

映画以外に色々近々開かれる同窓会用の服やら
御誕生日祝いとか選ぶのに疲れましたわ。







ランキング参加してます。
053.gif053.gifよろしければ ぽちっとお願います。053.gif053.gif
にほんブログ村 50代 自分らしさ
c0311729_22094849.gif

[PR]
by akawak | 2017-01-04 21:35 | Movie




 クリント イーストウッド監督とトム ハンクスが
初タッグを組んだドキュメンタリータッチの映画。


c0311729_10090789.jpg
2009年1月15日 USエアウェイズ1549便は
NYラガーディア空港を離陸直後に
エンジントラブルを起こした。
機長チェスリー”サリー”サレンバーガーは
咄嗟の決断でマンハッタンのハドソン川に
緊急着氷。
乗客、乗組員とも全員 無事救出され
機長は一躍 ヒーローとなった。
が 事故調査委員会は 
厳しく追及。
空港に引き返さず
極寒の季節 川に不時着し
乗客を危険にさらした判断は
正しかったのか?
その決断の肝は何なのか?

クリント イーストウッド監督の
物語の描き方は
正義ありきでなく
含みを持たせ
人間的な弱さを垣間見せる。
観客すら不安にさせる。
英雄だと覆っていた人は
疑惑があるのでは?と
緊張で背筋が強張ってくる。

結局 全員救出できたのは
直面した危機に全力で
立ち向かっていた末端の力。

それにしても
トム ハンクスの抑えた演技が
素晴らしい。


ランキング参加してます!
励みになりますのでぽちっと
056.gifよろしくお願いします056.gif

にほんブログ村 50代 自分らしさ
c0311729_22094849.gif


060.gif明日もいいことありますように!
                              
にほんブログ村





[PR]
by akawak | 2016-11-03 10:32 | Movie

c0311729_18413221.jpg
監督:ジェームス ヴァンダービルト
出演:ケイト ブランシェット
   ロバート レッドフォード

2004年大統領選直前に放送された
TVドキュメンタリー番組が物議を醸し出した。
2期目を狙う当時のジョージWブッシュ大統領の
軍歴詐称疑惑をすっぱぬいたのだ。
放送後 ネット上で基になった暴露文書自体の
真偽が問われことに。
審議委員会の決定で
経営側、スタッフ全て
処罰されるという異例の事態に発展。

ジャーナリズムの本質は何か?という骨太な映画
ですが やっぱりヒットしなかったみたい・・・
残念です。
でも 私は絶賛お勧め中!
TVプロデューサー演じるケイト ブランシェットが
とにかく素晴らしいのです。
大スクープの手柄をはやるあまり 
ニュース ソースが本物か否か
裏付けないままに報道した甘さと
弱さを見事に表現していたと思います。

日々の生活でもメディアについて
考えることは時々有ります。
世の中の流れに沿って作り上げた物語が
正しいかどうかわからないから
鵜呑みにせず 
自分の頭で判断するのは本当に難しい。
いかに情報を精査するかなんて
今の世の中不可能に近いもの。

c0311729_18415482.jpg
ウッディ アレン監督”ブルー ジャスミン”
虚言癖のあるセレブ崩れも
上手いなあとうなったけど
こちらは直球勝負で格好良かった。
知的で演技派 憧れます。


053.gifいつもご訪問ありがとうございます053.gif

ランキング参加してます!
励みになりますのでぽちっと
056.gifよろしくお願いします056.gif

にほんブログ村 50代 自分らしさ

c0311729_22094849.gif
060.gif明日もいいことありますように!

                                

にほんブログ村




[PR]
by akawak | 2016-10-09 18:12 | Movie

c0311729_22044803.jpg
http://hajimari-hiphop.jp/

ギネスで最高齢のヒップホップグループと
認定されたニュージーランド在住の
シニア達がラスベガスの世界大会に
招待され 一人ひとりの人生エピソードを
織り交ぜながら ユーモアたっぷりに描く
ドキュメンタリー。

普段だったら足を運ばないジャンル(すみません)
ですが
友達に誘われて 見てきました。
いくつになっても チャレンジする勇気
好奇心を持ち続け
人とのふれあいがチャンスを開く。
シンプルなメッセージが心に響く映画です。




053.gifいつもご訪問ありがとうございます053.gif

ランキング参加してます!
励みになりますのでぽちっと
056.gifよろしくお願いします056.gif

にほんブログ村 50代 自分らしさ

c0311729_22094849.gif
060.gif今日もいいことありますように!

                                

にほんブログ村


[PR]
by akawak | 2016-09-20 08:30 | Movie

映画”後妻業の女”


鶴橋 康夫監督”後妻業の女”
http://www.gosaigyo.com/
見てきました。

c0311729_18232493.jpg
さすが当代一の演技派 大竹しのぶさんが
手練手管でおじい様方をたぶらかす様子は
毒婦というより
可愛らしい。
豊川 悦司さんの胡散臭さもユーモアがあり
くすりと笑わせる味つけになってます。
平日だったので Aroud70~80のお姉様や
お兄様が結構いらしてました。 
シニアの方々
結婚詐欺事件にご興味あるのかしら?

黒川博行 原作”後妻業”はコメディより
犯罪小説に近い。
ルポルタージュの手法をとり
結婚相談所を根城にした悪質な連続犯罪を
じわじわと追い詰めていく様子が
丹念に描かれています。
たしかに小説に忠実ならば 人間関係も複雑で
冗長になりすぎかもしれません。
映画はよりテンポよく コミカルに描かれていて
娯楽物として成功している印象です。


実は・・・
限りなくこの”後妻業”の
主人公に近いキャラクターの女性(50代半ば)が
知り合いにおります。
結婚相談所に登録して
美貌と押しの強さを武器に
複数の年上の男性に
最初は優しく
”最期は私がお世話してあげるわね”
近づき資金が尽きたら
あっさりポイ捨て。
まあ あっけらかんと自分のモテ話を
披露するあたり罪がないのですが・・
未だに事件にはなっていないよう。
この手の話は良く聞きますよね 世間では。
独り身になった殿方!
どうかお気をつけ遊ばせ。




ランキング参加してます!
励みになりますのでぽちっと
056.gifよろしくお願いします056.gif

にほんブログ村 50代 自分らしさ

c0311729_22094849.gif


                                053.gifありがとうございます053.gif


にほんブログ村





[PR]
by akawak | 2016-09-14 17:00 | Movie

映画 ”ハイ・ライズ”


c0311729_18253588.jpg
監督 ベン・ウィートリー

J・G・バラードのSF小説が原作
(先に映画を見ていた)夫から本を借りて
一夜漬けで読み終わり
8月24日のレディースディで見てきました。
って書きましたけど
今までバラードの小説 知りませんでした。

70年代ロンドンに建てられた
高層マンションの
上層部と下層部の住民の目に見えない争いが
ささやかな事件を発端として
階級闘争へ発展する。
やがて争いによって生み出された無秩序が
人を本能のままに行動させるのだ
まるで獣のように・・・
やがて混沌が高層マンションを
崩壊へと導いていく。
確かに
目に見えない格差は存在し
社会の必要悪として機能しているのは事実。
それを映像で覗いてみたいという下心あります。
しかしこれ 結構呵責ない映画。
いかにもイギリスらしい変質さで
人の嫌らしさをえぐり出してます。
お上品も下品も結局
欲求は一緒なんかい!

原作はさらに微に入り細に入り
退廃しきったマンション内部の無秩序を
描いていますが
正直 何が起こっているかわかりづらく
読んでいるのがしんどかった。
映画は小説と登場人物や設定が
多少異なることで
主題の輪郭は明確になり
まとまっていたと思います。
口コミレビューが評価低くて
覚悟していったけど楽しめましたよ。
奇しくもこの映画は英国のEU離脱を示唆していると
称されてるらしい。

主役のトム・ヒドルストンがえらい人気ですが
私は低層階のリーダー”リチャード・ワイルダー”役の
ルーク・エヴァンスが野蛮で良かった
ワイルドだろ~  
c0311729_18583861.jpg

でも ほんとはとっても素敵なの~
映画”ドラキュラ0”の方がね。
あっ 私の好み聞いてない? 失礼しました。
c0311729_23490043.jpg
c0311729_18595310.jpg


007のオファーがトム・ヒドルストンに来ているらしいけど
私はルークの方がJBに合うと思うな。


どっちでもええがな~
c0311729_23492277.jpg





[PR]
by akawak | 2016-08-26 18:45 | Movie


c0311729_00580611.jpg
監督 ジョン ファブロー
前評判が良かった”ジャングル ブック”
CGながら動物の生態のリアルさが凄そうだったので
見てきました。
こんにちの映像技術の巧みさを
日々実感しているので
ちょっとや そっとの刺激では
驚かなくなっていますが 
この映画は一味もふた味も違います。
視覚から触覚を刺激されるのです。
動物のふさふさ、つやつやした毛並みのみならず
熱帯雨林のむっとした空気
木に登った時の足裏のざらっとした感覚
川の水の鮮烈さまで感じられる!

幼い頃から狼として育てられてきた少年を
温かく時に厳しく見守る動物達。
群れの中の異物であることを自覚して
自立し外界へ旅立ち
生きていく術を身につける少年。
次第に逞しく成長し
ジャングルで力強く生きていく。

ジャングル ブックってそういう筋書きだったっけ?
どこかターザンと混同していた自分。
無知を恥じつつも
素直に心動かされる作品でした。


ところで舞台となるジャングルのモデルは
インドなどでロケハンしたらしい。
猿軍団が住まう神殿は
以前旅行した
インドのアジャンターやエローラの石窟寺院を彷彿とさせます。
うーん どこか旅行にいきたいなあ。

c0311729_01184940.jpg



[PR]
by akawak | 2016-08-24 01:29 | Movie