映画 ”ザ マミー”

c0311729_14563702.jpg



 

今年 一番の期待の映画 ”ザ・マミー”
因みに沖縄の離島
座間味諸島ではありませぬ。。。。
という お馬鹿な空耳は私だけ?

アレックス カーツマン監督
もうね これ貴重な映画ですよ。
1932年の”ミイラ再生”へのオマージュ。
そしてブレンダン フレーザー主演 ”ハムナプトラ”を
彷彿とさせるお馬鹿エンターテイメント。
邦画のスケールの小ささで
日本って やっぱり景気悪いのかなあと
将来への不安さえ 感じてしまうのに反し
こちらはお金の掛け方が半端ないし
大型映画の醍醐味を
満喫できます。
そして
御年55歳のトム クルーズが体を張って演ずるだけで
勇気づけられる。
今回の映画はホラー アクションという新境地を
開いたと言っても良いですね。
キャリアを積めば 現場を離れ楽に流れていくのに
嬉々としてアクションに挑む姿  同世代として
応援したい。
一体幾つまでアクション スターとして
活躍するのか?
そして 重鎮クラスのラッセル クロウを
こんなに無駄遣いしていいのか?
本当はラッセル クロウはトム クルーズより
年下なのだけど 見た目年齢は
10歳年上。
映画でも”自分より若いと思って・・・”という
自虐セリフを披露する茶目っ気ぶり。
そして 呪われたエジプトの王女  アムネットは
”キングスマン”の印象も新しい ソフィア ブテラ
元々アスリートだった彼女の身体能力が
圧巻です。
c0311729_14565415.jpg
これだけ荒唐無稽にエンタメに
走ってくれると 気持ちいい。
古代の石棺を盗掘し輸送する行為は
立派な美術品の無断持ち出し。
国際的に非難される行為では?など
お堅い話はこの際 置いて
楽しめました。











[PR]
by akawak | 2017-08-09 08:00 | Movie