かつてのタラレバ娘

c0311729_10283612.jpg
人とのコミュニケーション ツールの一つとして
TVドラマを見ております。
気になった物を選んで
初回から録画。
だいたいキャスト重視なので
期待とは違うんだよなあ〜と思いつつも
惰性で見てます。

今回は”東京タラレバ娘”と”カルテット”を見てました。
吉高由里子さんの舌足らずな声と
甘えん坊で勝気そうなルックス
意外と根性のある骨太な演技が好き。
アラサー女子のお気楽なドラマぐらいが
丁度息抜きになります。
アラフィフのリアルな生態って
身につまされて目を背けたいのが本音。


そこそこ可愛いお嬢さん達が
ずーっと居酒屋で傷舐め合いながら
くだまいてお酒飲んでましたね。
幸せになりたい!
早く結婚したい!と。
四六時中 女子だけでつるんでたら
良いお話も遠のくばかりよと
老婆心で拝見していたのです。
そもそも宵越しのお酒は
お肌に悪いんだから!

でもね 私も30歳そこそこの時
やはり同じように友人と
くだまいて 飲んだくれてましたっけ。
すでに結婚していたけれど
正社員としてフルタイムで働いていたから
ストレスの鬱憤を晴らしてました
何をタラレバ言っていたか
今となっては全く記憶にありません。
そしていまだに彼女達と会えば
お互い仕事や家庭のこと
とりとめなく語ってます。
さすがに幸せになりた〜い!とは
言いません アラフィフは。
年齢を重ねると物事は複雑に絡み合って
綺麗な解決方法なんてない。
半分独り言のような会話のなかに
自分なりの結論の方向が
見つかっているように思う。
結局 今の姿は
すべて自分の選択の結果で
人に期待しすぎちゃ駄目なんです。

いつもご訪問ありがとうございます。
053.gif053.gifよろしければ ぽちっとお願います。053.gif053.gif

にほんブログ村 50代 自分らしさ











[PR]
by akawak | 2017-03-24 11:23 | Diary