第588 サントリーホール名曲シリーズ

  今年 初めてのコンサート
サントリーホールにて 
指揮/ミヒャエル ボーダー
ハープ/グザヴィエ・ドゥ・メストレ

曲目: ①楽劇 ニュルンベルグのマイスタージンガー
    第1幕への前奏曲   ワーグナー作曲
  
    ②ハープ協奏曲   ヒナステラ作曲

    ③交響曲9番  新世界
              ドヴォルザーク作曲


今年初のコンサートの主役
クラシック界のプリンスとして名高い
ソロ ハーピスト
グザヴィエ・ドゥ・メストレ様
c0311729_20065889.jpg
はい はっきり言って不純な動機です053.gif053.gif
それが何か?
昨年の年末から なんとなく自分の元気が
落ちているような気がしたので
パワーチャージとしてお年玉。

観客は女性ばかりだと思っていたら
シニアのおじさまも多数いらしていて
純粋に音楽を楽しんで 芸術の奥深さに触れたいという
御仁が 多うございました、 恐れ入ります。

で ソロの曲は 現代曲なので 
打楽器のように側面を叩いたりと 意欲的な曲でございました。
単に水面を表現するようなハープ独特の優美さを表現する曲では
なかったので 大変興味深かったです。

   (コンサートのパンフより転用)
   アルゼンチン出身 アルベルト・ヒナステラは
   フィラデルフィア管弦楽団のハープ奏者エドナ・フィリップスから
   依頼されたが1958年の第一回アメリカ音楽祭に間に合わず
   1965年に完成。


昨年12月の誕生日プレゼントされた母は大喜び。
まあ 親孝行できて良かったかな?
チケットの座席指定では
”ちゃんと イケメン君が見える席にしてね!”という
ちゃっかりぶり。
はいはい いくつになってもときめきは必要。
天国の父も複雑なんじゃない?





[PR]
by akawak | 2016-01-08 20:05 | Diary