耽美的に

c0311729_21290031.jpg

                      ヴィクトリア女王の統治時代

                  英国が世界の覇者として 大きく躍進した時代でありました。

                  美術の世界でイタリアやフランスに大きく後れをとった英国。

                  ヴィクトリア朝でロイヤル アカデミー出身の三羽ガラス
 
                  ミレイ、ロセッティ、ブラウンを中心に
                   
                  ラファエル前派が大きな流れを作り

                  耽美的な世界を作り上げていきます。
                
 
                  この春 

                  森アーツセンター ギャラリーにて”ラファエル前派”

                  三菱一号館にて”唯美主義”を まとめて見ることができて

                  気が付きました。

                  桜もそうですが  

                  生きとし 生きるものは

                  弱々しく 手を触れれば

                  消えそうな儚さが美しいのです。


                  あああ 耽美的って素敵

        
                


                  散りゆく桜に思いを馳せましたが

                  マックの前を通りかかって  我慢できず
               
                  桜テリたまのセットとフィレ オ フィッシュ買って

                 (さすがに恥ずかしいから持ち帰りにしたけど)
                
                  一気に食べました。

                  あー お耽美な世界に浸っていたはずなのに

                  食欲の誘惑に勝てなかったわ。
                  
                  しかも マック!

                  駄目だなあ

                 
                  と 反省して プールでガンガンに泳いでやったぜ!

                      気分はミレイの オフィーリアだったのだけどね

                  
 
c0311729_16475625.jpg
  
                
                  

                   
                  


                
                 

                  
                 


               
 

               
               
   

         

[PR]
by akawak | 2014-04-02 17:22 | Diary