暴落の裏側・・・ワーテルロー会戦

c0311729_20425039.jpg
     
持株が下がりまくっていたときに たまたま知ったエピソードです。

負けすぎて 心が折れそうなときに 思い返して 

平常心を保とうとしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 100日天下で奇跡の復活をとげたナポレオンを

ワーテルローにてイギリスとプロイセンが 一気呵成に打ち負かした。




1815年6月19日

いち早く イギリス勝利の情報を得た 

英国ロスチャイルド家の当主ネイソンはイギリス公債を売りまくった。

その姿をみた 投資家は

イギリスがフランスに敗戦したと思いこみ

狼狽売りして  価格は暴落。

その瞬間 ネルソンは二束三文にて大量に買い戻し

イギリスとプロイセン勝利の報が伝わり  価格は暴騰。

ネルソンは巨万の富を得た。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  動揺させる動きの裏には   大衆心理を欺く真実が隠されている

時が多い・・・・と思う。


[PR]
by akawak | 2014-01-21 20:43 | Diary